知っておきたい「太陽光発電の耐用年数は何年か」

太陽光発電システムを長期間安心して使い続ける事ができるように、それぞれの部品の耐用年数を調べる事も必要です。また、メンテナンスによりトラブルを防いだり、長く発電できるようになるため、メーカーや販売施工会社の情報収集も重要になります。

太陽光パネルの耐用年数に注目です

太陽光発電システムの中心となる太陽光パネルの耐用年数は、二十年から三十年程度であり、こまかな部品が使われていますが、封止材で保護されているため、長持ちします。品質の良い設備を取り入れる事も重要なので、価格の安さばかりに注目するのではなく、安心して使える設備を見つけるための情報収集は必要です。パネルは強化ガラスで覆われているため、丈夫な作りであれば、故障しにくいため、安心して使い続ける事ができます。メンテナンスをきちんと行う事で、太陽光パネルが四十年近く持つ場合もあり、アフターメンテナンスも重要になります。

パワーコンディショナーの状態確認も必要です

記事のイメージ画像

太陽光パネルだけで太陽光発電システムが機能するわけではなく、その他にもいくつもの部品で構成されています。パワーコンディショナーも重要な設備であり、家電製品と同じように電気が流れて稼働する機器のため、耐用年数をきちんと確認して、メンテナンスや交換作業を進める事も大切です。パワーコンディショナーは、太陽光パネルと比べると寿命は短い事が多く、十年などの長期保証サービスに注目する事もポイントです。太陽光発電システムに使われている部品を一つ一つチェックして、維持費の計算もしながら、設置を検討することをおすすめします。

メンテナンスサービスの比較が大事です

太陽光発電システムは長期間使用し続ける事ができるものですが、自然災害など、設備に負担がかかるトラブルが発生することにより、故障するリスクがあります。落雷などのリスクもあるため、トラブルが発生しても、安心して専門業者に修理の依頼ができるようにする事が必要です。メーカーの保証を確認する事も大事なポイントですし、販売施工会社の比較を進める際に、アフターメンテナンスの情報を集める事で、安心感を持てます。丁寧な対応ができる業者なら、相談しやすいですし、定期点検やメンテナンスの依頼もしやすく、太陽光発電システムをしっかりと管理できます。

まとめ

定期点検やメンテナンスをしっかりと進めていく事で、太陽光発電システムの寿命を延ばしていく事が可能です。自然災害のリスクもあるため、保証サービスにも注目しながら、安心して使い続ける事ができるように備えていくことをおすすめします。

比較ページへのリンク画像

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP