比較ページへのリンク画像

太陽光発電は、他の発電の仕組みと異なりタービンを回して行うわけではありません。太陽光パネルの中で発電するようになっていて、屋根の上など太陽光が当たりやすいところに設置をして効率的に発電ができるようにし...

東電福島第一原発の事故以後、原発を低廉かつ安定的発電システムと捉えてきた国のエネルギー政策が段階的に見直されてきました。事故発生から7年が経過し、この間、電力会社としてはLNGを主体とする化石燃料を使...

太陽光発電を利用する投資があります。売電価格の計算方法を知っておくと、どれくらい収入があるかなどが分かります。発電量の区分に応じて単価であったり期間などが異なります。10キロワット以上だと消費税が加算...

震災後に非常にクローズアップされてきている太陽光発電ですが、今後はどうなっていくのかというところが注目されています。どうなっていくのか、というのは何に不安があり、何を期待されているのか、という事にもつ...

太陽光発電システムを長期間安心して使い続ける事ができるように、それぞれの部品の耐用年数を調べる事も必要です。また、メンテナンスによりトラブルを防いだり、長く発電できるようになるため、メーカーや販売施工...

省エネを実現しながら快適に暮らせるうえ、余った電気を売れることから太陽光発電を導入されるご家庭が増えています。そして発電した電気を蓄えておけるのが蓄電池です。それでは、これの有無によって省エネ具合も大...

太陽光発電は省エネで環境に優しく、クリーンなエネルギーなので導入を検討している人が増えています。全国の地方自治体では独自の補助金の制度が受けられるので、市役所の窓口で相談してみると良いでしょう。初期費...

太陽光発電を行う場合、その発電量を計算する事は可能です。どれ位発電するかを計算する事で太陽光発電を導入するかどうかの判断材料にもなります。またその計算方法はそれほど難しいわけではなく、業者では無く個人...

太陽光発電システムを導入するなら、知っておきたいのが発電量の目安です。もちろん、性能や設置条件によって大きく変わって来るものですが、設置に踏み切る前には十分に調査してあらかじめ確認しておきたいポイント...

太陽光発電の発電量と発電方法は一体どのようなものなのでしょうか。 これは、ソーラーパネルと広大な空き地などを利用して、晴れた日にはソーラーパネルの中で、自動的に電気が発電できるという優れものです。リサ...

太陽光を使った発電システムは、長期的な利益を得られるため人気のあるビジネスです。個人でもできる方法なので自然エネルギーで、お金を稼ぎたい時に始めやすい特徴があります。ただ儲かるかどうかの判断はいるので...

太陽光発電は自然エネルギーの太陽光を使って、発電するシステムです。省エネで環境に優しく、毎月の電気代を節約できるメリットがあります。屋根の形状が変わったり、重量が掛かるなどのデメリットもあるので理解を...

太陽光発電の投資をするときに、リスクがどれくらいか利回りがどれくらいかを知って行うようにします。それぞれの地域によって日射量などが異なり、売上やコストの予測によって利回りが分かります。十分得られるなら...

エコにもなる太陽子発電ですが、設置には当然まとまった費用が必要になります。工事費とシステム本体の価格のみだと思っている人も多いでしょう。実際には補助金も出るようになっているので、割引も適用されることが...

屋根が狭かったり、変わった形をしていても、専門業者に相談をすれば、太陽光発電パネルの施工が可能かを調査してくれます。限られたスペースでも太陽光発電システムを導入できれば、自家発電で非常時に備えられるた...

日照量などを事前に確認してから、しっかりと発電できる場所にソーラーパネルを設置する必要があります。申し込みをする前に、まずは相談窓口で情報を集め、専門業者に現地調査を進めてもらい、適した場所に太陽光発...

太陽光発電の装置を設置するのに、規制が足かせになるケースがあります。周辺住人や景観を重視する自治体では特にシステムに対して厳しくルールを定める動きがあり、発電システムを設置できない場合もあるのが実情で...

太陽光発電で十分な発電を得るには一定の日照時間と日照量が必要になります。都道府県ごとであったり建物の状況などによって変わるため、業者などに測定をしてもらうと良いでしょう。発電量を知ってから設置するよう...

太陽光発電では、実際に発電した電気を電力会社の方に買い取ってもらう事が出来ます。それを売電と言い、設定された価格で買い取ってもらう事が出来ます。ただその価格はいつでも同じと言う訳ではなく買取価格は変動...

節制に強いことが魅力の太陽光発電ですが、まったくトラブルがないわけではありません。うちの一つがパワーコンディショナーによって起こる騒音で、近隣の人の迷惑にならないためには対策が必須です。どのようなこと...

太陽光発電は、契約してメーターを付けて駆動してから売却がスタートします。売電をスタートさせるためにも申請を早めに行うことがおすすめです。早めに行う理由は、価格は10年間変わりませんが、変更されることも...

空き室対策が不要で、入居者とのやり取りも不要なことから、不動産投資に代わる投資方法として、太陽光発電が注目を集めています。しかしながら意外にも数々の法律が関わってきますので、その一部をご紹介していきま...

東日本大震災を境に日本国内でも太陽光発電に対して注目が集まる様になってきました。また太陽光発電はただ電気を作るだけでなく、その作った電気を売り利益を得る事も可能となっているので、エネルギーの自給自足だ...

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP