太陽光発電における売電の契約手続き 設置と事前申請

要確認「太陽光発電における売電の契約手続き」

太陽光発電は、契約してメーターを付けて駆動してから売却がスタートします。売電をスタートさせるためにも申請を早めに行うことがおすすめです。早めに行う理由は、価格は10年間変わりませんが、変更されることもあるため価格ダウン前に工事申請をしておくことが必要です。

取引スタートのタイミングは駆動されてから

売電契約は消費者と業者が契約したその日の価格が10年間変わらずに取引されます。契約してから価格が下がっても、固定価格なので金額が変わることはありません。契約をしたときには、工事でメーターが付けられて、駆動された日からスタートですが、メーターから送電網の接続は電力会社でしかできないため、事前申請が必要です。申請は施工会社が行ってくれます。委託するため、申請者は何もすることはありません。契約をせずに月日が流れてしまうと価格変動から安くなってしまう可能性が高いため、早めに手続きすることがおすすめです。

太陽光発電を設置することができる場所

売電ビジネスは広い敷地で行われます。土地の価格が安い空き地や駐車場だけでなく。屋根なども利用されています。農地も利用されますが、農地は太陽光発電の設備は勝手に設置することができず、地目へ項が必要です。農地として利用されているときだけでなく、作物を育てながら売電ビジネスも可能です。作物を育ててる上に太陽光パネルを設置してシェアをしていきます。上に設置しますが、間隔を開けたり角度を調整したりするため、作物はしっかり育てることができるので、作物と売電二足のわらじとして収入を得ることができ、農業だけでない副収入とすることができます。

地域の電力会社よりも売電価格をアップさせる方法

一般家庭で太陽光発電している場合には、発電は自家消費してから余った分を売電します。住宅がある地域の電力会社に売却する方法だけでなく、より高く売却することができる方法が、新電力事業者に売却する方法です。事業者を切り替えることはプレミアム価格の売電と呼ばれ、売電業者を変更する最大のメリットが買い取り単価がアップするという点です。新電力事業者は、調達できる電気の量を増やしたいと、売電価格を高めに設定しています。新電力事業者に変更しても夜間や雨などで発電できないときには、地域の電力会社となるため、電気料金プランは地域の電力会社を利用します。万が一新電力事業者が倒産しても、買取保証期間は法律で決められているため、10年間は地域の電力会社は買取を保証します。

まとめ

太陽光発電は契約してから、買取価格は10年間変わらず取引をすることができます。装置は広い場所で設置しますが、農地だけは勝手に設置することはできません。売却価格をアップさせるためには、新電力事業者に依頼します。

比較ページへのリンク画像

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP