太陽光発電設置の流れ 事前の調査と相談大事

確認しておきましょう「太陽光発電設置の流れ」

日照量などを事前に確認してから、しっかりと発電できる場所にソーラーパネルを設置する必要があります。申し込みをする前に、まずは相談窓口で情報を集め、専門業者に現地調査を進めてもらい、適した場所に太陽光発電システムを設置できるようにする事が大事です。

使っていないスペースを有効活用できます

広い土地を持っていない方でも、住宅の屋根など空いているスペースを活用する事で、太陽光発電システムを取り入れる事ができます。マイホームを購入する時に、住宅ローンの支払いが課題となりますが、売電収入を得られるようにする事で、ローンの返済の負担を軽減させることに成功する場合もあります。また、今まで使っていなかった土地を有効活用して、ソーラーパネルによる売電収入を得られるようにする方法もあります。安定して収入を得られるようにすることで、老後に年金だけでは生活の不安がある方も、収入面で安心して暮らせます。

まずは調査してもらう事が必要です

すべての住宅の屋根にソーラーパネルを設置できるとは限らないため、まずは専門業者に調査依頼をして、設置が可能かを調べてもらう流れになります。また、日照量はどのくらいかを調べてもらう事で、売電収入に関する事もきちんと把握でき、スタッフに相談しながら、具体的に太陽光発電システムの設置計画を立てていけます。光熱費の負担を抑えられるようにしたい方は、相談をする前に、電気の使用状況を伝える事も大切なので、必要な資料を用意する事も大切です。スムーズに相談できる流れとなるように、必要な資料を用意する事や日程調整をするなどの準備を進める事は重要です。

施工に関する情報収集も大切です

太陽光発電システムの専門業者に現地調査を進めてもらう事で、各設備を設置する位置を確認しながら、作業に必要な時間を教えてもらえます。現場によっても異なりますが、一般的な設置作業は、一日や二日ほどで完了するケースが多く、電気工事も並行して進めてもらう事が可能です。少しの間停電する場合もあるため、スタッフの話を事前に聞き、安心して作業を進めてもらえる流れにする事も重要になります。施工完了後に電力会社での手続が完了することで、太陽光発電システムの運転を開始し、光熱費を抑える事につながったり、貯めた電気で売電収入を得られるようにするなど、自然エネルギーをうまく活用していけます。

まとめ

太陽光発電システムを設置できる環境かを調べるために、専門業者に調査の依頼をする事は大切ですし、その後の相談にも注目です。必要な資料を揃える事で、スムーズに調査内容に基づいた提案を進めてもらう事ができます。

比較ページへのリンク画像

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP