太陽光発電設置に必要な面積 屋根の形状に合わせて

知っておきたい「太陽光発電設置に必要な面積」

屋根が狭かったり、変わった形をしていても、専門業者に相談をすれば、太陽光発電パネルの施工が可能かを調査してくれます。限られたスペースでも太陽光発電システムを導入できれば、自家発電で非常時に備えられるため、安心して暮らせます。

面積を調べる事も大切なポイントです

一般的に太陽光発電システムは、建物の屋根の上に設置され、高い所に設置する事により、日陰などのできない場所でしっかりと電気を生み出せるようになります。住宅の屋根の限られた面積にも太陽光パネルは設置可能ですが、一枚や二枚だけでは足りないため、ある程度の面積を必要とします。まず、光熱費の削減や売電収入を得られるようにするなど、目的に合わせて、どのくらいの発電量が欲しいかを考えていく事が重要です。面積が限られている場合でも、メーカーによって太陽光発電パネルの発電量は異なるため、使う設備の比較を進める事にも注目です。

設置面積と発電量を数字で知る事も重要です

屋根の形状によっては、小型パネルしか設置できない場合もあるため、専門業者に相談をして、数字で設置面積や発電量を知る事が求められます。一般家庭の場合、20から30平方メートルの設置面積が必要ですし、専門業者のアドバイスをもらいながら、設置可能な太陽光発電パネルを教えてもらったり、枚数を知る事も大事です。広々とした屋根を持っている方の場合、たくさんソーラーパネルを使う事で、売電収入を得られるようになり、住宅ローンの支払いなど、生活の負担を抑える事にもつながります。限られた面積であっても、賢く使っていく事で、光熱費の削減につなげていく事ができるようになるため、お得感があります。

予算に合った提案をしてくれる業者に注目です

希望はあっても、予算オーバーとなってしまう場合、実現するのが難しいため、予算に合った提案をしてくれる専門業者を見つける事も大切です。住宅によって屋根の形も異なっているため、対応できるパネルを探してもらう事も重要ですし、たくさんの太陽光パネルを置ける面積がある場合、安いパネルをたくさん設置して、コストを抑える方法もあります。安いパネルでも、たくさん設置する事ができれば、必要な発電量を確保する事は可能なので、予算内で満足できる施工を実現できます。実績のある優秀な業者に相談をする事で、希望する条件に合った納得できる方法を提案してもらえます。

まとめ

建物によって、屋根の形は異なっていますが、それぞれの場所や面積に合った太陽光パネルを選択して、施工を進めていく事が可能です。専門業者に相談しながら、発電量などを具体的に数字で知ってから、決めていく事も重要になります。

比較ページへのリンク画像

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP