要確認「太陽光発電の投資としてのリスクと投資の利回り」

太陽光発電の投資をするときに、リスクがどれくらいか利回りがどれくらいかを知って行うようにします。それぞれの地域によって日射量などが異なり、売上やコストの予測によって利回りが分かります。十分得られるなら行う価値があると言えます。

国が20年間の買取を約束している

太陽光発電は、一般的には住宅の屋根などに設置するものが知られています。家庭の電気料金を節約したり環境のために設置しようとする人が多いです。それ以外には、投資としての設置があります。メガソーラーと呼ばれる仕組みをつくことで、全ての電力を買取ってくれます。家庭用であれば余った電力を買い取ってくれるだけですが、大量に発電をしてすべてを買取ってもらえばかなり売電額も大きくなるかもしれません。国が20年間の買取価格を固定しているのもメリットといえるでしょう。買取価格が上るのはいいですが下がるのは困ります。常に一定額で買い取ってくれるなら、どれくらいで元が取れるかなどもわかります。

管理業者がきちんと管理してくれるかどうか

太陽光発電といえば、パネルを設置して発電をする仕組みです。これを投資で行うとき、休耕田等を購入してそちらに設置していきます。広いところに大量の設備を設置することになり、それなりに管理が必要になります。リスクとして気になるのは、誰が管理を行うかです。個人で所有して管理しようとすると、それなりのコストがかかりますが、通常は管理会社に委託をします。管理会社は、設置なども含めて行ってくれるので、最初の業者選びが大事になります。ただ、管理がきちんとしているかの問題があります。管理を安くしてくれる分ずさんだったりすれば、将来的に効率的夏電ができなくなるかもしれません。

日射量などから発電量を予測して利回りを計算

太陽光発電への投資は、それなりにリスクがあります。一方で大きな利回りも期待できるとして注目されています。一旦設置をすれば後はどんどん発電をしてくれ、それを国が買い取ってくれます。固定額で買い取ってくれるので、発電量さえ分かればどれくらい売上が得られるかが分かります。利回りの計算においては、初期投資とランニングコストが必要です。借入をしてお金を調達するのであれば、その時の利息もコストに入ります。利益分の計算では、日射量から発電量を予測します。それぞれの地域ごとに平均的な日射量が分かるようになっています。自然は必ず平均通りにはなりませんが、一応は計算ができます。

まとめ

太陽光発電に投資をするとき、リスクであったり利回りを知っておく必要があります。業者の管理や自然の変化によって売上やコストが変動する可能性があります。発電量を予測できれば、将来的にどれくらい利益が得られるかの予測ができます。

比較ページへのリンク画像

■ 当サイト運営者については ⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP